なぜ正月になるとわざわざ普段食べない料理を食べるの?

おせち料理は本来、節句を祝う時に神前に供えた祝儀料理で、飾るための料理でした。

やがて、年始の挨拶に訪れた客へ振舞う料理へと姿を変えて行き、お膳に載せた神前のお供え物である「飾り」から、重箱に詰められ「食す」料理へと形態が変わりました。

重箱に詰めることには、めでたさを「重ねる」と言う縁起を担ぐ意味があり、一つの重の品数は奇数とされています。

重箱のそれぞれの重に詰められる料理には形式があり、一般的に一重目には祝いの三種、二重目には焼き物、三重目には煮物、四重目には酢の物が詰められます。

おせち料理は、江戸時代の武家料理が基となっており、祝いの三種、煮物、焼き物、酢の物で構成されています。

祝いの三種とは、具体的に下記7品目です。

黒豆: 黒は邪除けの色とされ、邪気を払い長寿で健康を願ったもの。

数の子: ニシンの卵は数が多いことから、五穀豊穣と子孫繁栄を願ったもの。

田作り: イワシの幼魚の佃煮、五穀豊穣を願ったもの。

たたきごぼう: 瑞鳥(豊年の象徴)を表したもので豊作と息災を願ったもの。

紅白かまぼこ: 初日の出を表し、赤色は魔除け、白色は清浄を意味している。

伊達巻: 巻物を表し、文化・学問・教養を持つことを願ったもの。

栗金団: キントンとは金色の布団を意味し金銀財宝を表す、金運を願ったもの。

これらを理解しておせち料理を食べれば、ご利益があるかもしれません。https://www.proudcloud.co/

なぜ正月になるとわざわざ普段食べない料理を食べるの?